【捨て方5選】役所で処分できない、パソコンの安全な処分方法は?

パソコンの処分・廃棄で困ったことはありませんか?

小型家電リサイクル法に該当するパソコンは、市役所・区役所では収集ができません。

パソコンは、個人情報などのデータが漏洩してしまう恐れもあるので、適正な処理をすることをオススメいたします。

ここでは、パソコンの捨て方で安心・安全な処分方法を5選紹介します。

【環境省認定】データ消去も安心のパソコン無料回収サービス

ここでは、自治体と連携したパソコンの無料回収サービスを提供している業者・法人を紹介

下記は認可のロゴマークです。
パソコンの宅配回収業者を利用する際、下記のマークがある業者は小型家電リサイクル法」 の認定事業者なので安心して処分ができます。

小型家電認定マーク

実績豊富なリネットジャパン株式会社

実績豊富なリネットジャパン株式会社

リネットジャパン株式会社は、全国の自治体と連携したパソコンの無料回収サービスを提供しています。

パソコンに含まれているデータは、ご自身で消去する必要がありますが、申し込み後に無料で利用できるデータ消去ソフトを提供してもらえるので、データ消去ソフトを購入する必要はありません。

パソコンに詳しくない方は、データ消去サービスもあるので安心です。(※1台3,000円)

リネットジャパンで処分する場合のメリットデメリット

メリット

  • 無料でパソコンを回収してもらえる
  • 国の認定業者なので安心してパソコンを処分できる
  • 実績が豊富なので安心

デメリット

  • データ消去サービスは有料
  • CRT(ブラウン管)モニターの場合は3,000円/台
  • パソコンを入れる段ボール・梱包は自身で準備が必要(※段ボール事前配送サービスは398円/箱

リネットジャパン株式会社のその他の特徴

  • 古いパソコンでも無料回収
  • 宅配回収が可能(※自宅まで取りに来てくれます)
  • HDD(ハードディスク)がないパソコンも対応可
  • 故障していても対応可
  • データ消去サービスに対応(※データ消去の証明書発行)

会社情報

  • 会社名:リネットジャパン株式会社 RenetJapan Inc.
  • 設立:2013年3月
  • 所在地:本社:〒474-0055 愛知県大府市一屋町三丁目45番地
  • 代表取締役社長:黒田 武志
  • 資本金:6,000万円(2016年9月30日現在)
  • 事業内容:小型家電リサイクル法の下、環境省・経済産業省両大臣の認定を取得、全国の市町村と提携し、宅配便を活用した回収・リサイクルを推進しています。
  • 会社ホームページ:https://corp.renet.jp/

リネットジャパン株式会社に、パソコンの処分を依頼する

パソコンの買取サービスを利用する

パソコンの買取サービスには、店舗で買取してもらう場合と、出張買取の2パターンがあります。

買取をしてもらう際には、各種個人情報と身分証明書の提示が必要になります。(名前・住所・連絡先・運転免許証など)

買取営業を行うには、古物商の認可(警視庁管轄の認可)が必要です。

※出張買取業者に依頼する場合は、ホームページ上に古物商の表記があるか確認してください。
※許可がない場合は無許可業者でトラブルの元になりますので、買取の依頼をしないでください。

パソコンメーカーで処分する場合のメリットデメリット

メリット

  • 処分費が掛かるどころか、お金がもらえる可能性がある
  • データ消去などは店舗で対応してもらえる
  • 自宅まで買取に来てもらえる

デメリット

  • パソコンの状態によっては買取・引き取りがしてもらえない
  • 店舗までパソコンを持ち込む手間がある
  • 出張買取の場合、製品の状態次第では逆に出張料金など掛かる場合もある

パソコンメーカーで回収してもらう

本来パソコンは、資源有効利用促進法に基づいて、製造したメーカーで回収・リサイクルする義務があります。

他社のメーカーの製品では回収ができないので、お持ちのパソコンのメーカーをチェックして、下記で紹介している窓口より依頼してください。

PCリサイクルマークがあるパソコンの場合、回収再資源化料金が掛からないので、無料でパソコンを回収してもらうことができます。
※PCリサイクルマークがない場合は、処分するのに別途料金が発生します。

PCリサイクルマーク
リサイクルリサイクル

資源有効利用促進法は、資源が大量使用・大量廃棄されることを抑制し、リサイクルによる資源の有効利用の促進を図るための法律です。

パソコンメーカーで処分する場合のメリットデメリット

メリット

  • PCリサイクルマークがある場合は無料
  • パソコンのデータ消去をしてくれる
  • 環境への取り組みになる(※部品は資源化され、再利用されます)

デメリット

  • PCリサイクルマークがないパソコンは有料(※デスクトップPC・ノートPC・一体型PCは3,000円税別、ブラウン管PCは4,000円税別)
  • モニターと本体処分したい場合、別々に申込みが必要で手間が掛かる
  • 申込みから回収まで約1週間~2週間かかる

一般のメーカー窓口一覧

各メーカーの「家庭から処分・廃棄するパソコン」のお問い合わせ窓口一覧になります。

URLにアクセスして、お持ちのパソコンメーカーに問い合わせをしてください。

https://www.pc3r.jp/home/partner_list.html

事業系のメーカー窓口一覧

法人の方はこちらの窓口になります。

お問い合わせ方法は一般同様になるので、下記URLにアクセス後、手続きをしてください。

https://www.pc3r.jp/office/partner_list.html

家電量販店に下取りの依頼をする

下取りとは、新しい製品・商品を購入することを条件に、今まで使用していた物を買い取ってもらうことです。

パソコンの買い替えを考えている方は、下取りサービスを利用すると割引になるので料金がお得になります。

パソコンを家電量販店で下取りに出す場合のメリットデメリット

メリット

  • 買い替えのタイミングだと、安価でパソコンが購入できる
  • データの消去は家電量販店側で対応してくれる

デメリット

  • パソコンを処分したいだけの人にとっては検討余地がない
  • 家電量販店によって条件が異なる(故障している場合は下取り対象外など)

自治体の回収ボックスを利用する

小型家電リサイクルによって、パソコンや携帯電話、リモコン、アダプターなどに含まれる有用な金属を再利用するようになりました。

各地域の家電回収ボックス設置場所一覧は、下記のURLで確認することができます。

製品の種類や大きさによって処分ができない場合があるので、事前に確認することをオススメします。

http://kogatakaden.env.go.jp/

パソコンを自治体の回収ボックスで処分する場合のメリットデメリット

メリット

  • 無料で処分ができる
  • 環境への取り組みに貢献できる(※主にリサイクル)

デメリット

  • 自身で回収ボックスまで持ち込む手間が掛かる
  • 大きさや品目に制限がある
  • 個人情報については自身で対応が必要

【番外】パソコン以外にも処分する物がある場合

パソコンを処分・廃棄する背景として、故障や買い替え、引っ越しなどが予想されます。

パソコン以外にも処分・廃棄するものがある場合、不用品回収サービスを利用するのも一つの手です。

引越し時などでまとめて不用な物を処分・買取してもらいたい場合にオススメです。

不用品回収を依頼する場合のメリットデメリット

メリット

  • 自身で行う必要のある手続きなどの手間が省ける
  • 急いでいる場合でも対応してもらえる
  • 不要になった物をまとめて処分できる

デメリット

  • 作業料金が発生する
  • 出張対応してもらうため、予定を合わせる必要がある
  • 中には悪質な業者がいる

料金よりも時間を重視している方にオススメです。
下記で実績の豊富な不用品回収業者を紹介しています。

東京の安心できる不用品回収業者「くまのて」

営業時間 :9時~23時
休日   :年中無休
電話番号 :0120-910-984
古物商許可:東京公安委員会 第308781904820号
公式サイト:https://fuyouhin-kumanote.com/

不用品回収 くまのての特徴

  • POINT1:最短即日で不用品回収サービスを利用できる
  • POINT2:料金が定額で安心
  • POINT3:一部不用品の買取対応も行っている

不用品回収を依頼する

パソコンの捨て方まとめ

市役所・区役所で処分できない、パソコンの処分・廃棄方法について紹介させていただきました。

急いで処分が必要な場合や、買い替えなど、処分のタイミングは様々かと思いますので、ご自身にあったパソコンの処分・廃棄方法を検討してみてください。

小型家電リサイクル法に該当する製品は、パソコンのほか、計27品目(計28品目)が該当します。

一部、パソコンのように特殊な処分が必要になる場合もございますので、処分・廃棄でお困りの物があれば、当サイトの情報をご確認ください。

リサイクルリサイクル

小型家電製品は、リサイクルによって資源の有効利用ができる物が多いです。適正な処理をして3Rに貢献しましょう★